ソフトヤミ金は在籍確認無し?お金借りるとき会社電話連絡なしがいいが危険?

ソフトヤミ金は在籍確認無し?お金借りるとき会社電話連絡なしがいいが危険?

 

借金はしない方が良いのはもちろん当たり前なのですが、やはり上手に生活をやり繰りをするためや大きな買い物をする際にどうしても借金をしなければならないということはあり得ます。そうなったときには、キャッシングを始めとしたお金を借りることができるサービスは非常に便利なものです。ただそうは言っても借金をしている、もしくは借金をしたということはあまり他人には知られたくないものでしょう。特に働いている職場にはあまり知られたくないものです。しかしキャッシングなどの無担保での借金については、働いている会社に借金の事実が知られてしまう可能性があります。それはなぜかというと、多くの企業で借り入れを実施する前の審査として在籍確認を行うからです。

 

この在籍確認は借金の申込をしてきた方が本当に支払い能力があるか、申請書類に嘘が無いかを確認するためのものとなります。もちろんこういった在籍確認の電話は借金を申請した先が自社の名前を出して確認を行うのではなく、例えば個人からの私用電話などを装う形で行うといった配慮はしてくれます。でもそうは言っても企業や職種によっては私用電話が掛かってくることそのものが怪しまれるきっかけとなる場合はあると言えるでしょう。やはり所属企業への在籍確認の電話は無い方が良いと言えます。もちろん企業側もそれは分かっているので、最近では電話による確認をせずに保険証や社員証などでの確認でOKというところも増えてきました。ただそれでも電話での在籍確認が必須、というサービスもまだまだ多くあるのです。では、そもそも在籍確認という審査が無いところもあるのでしょうか。

 

実は、在籍確認が無いというところもあるにはあります。その代表例がソフトヤミ金と呼ばれるところです。こうしたところではほとんどの場合在籍確認をしません。なぜかというと、お金を貸すにあたって審査というものをほとんど行わないからです。では、こういったソフトヤミ金とはどういったところだと言えるのでしょうか。

 

こうしたソフトヤミ金と言われるところは近年増えつつあります。しかし一般的によく言われるヤミ金との違いはどういったところにあるのかというと、何とそれほど違いはないのです。こうした業者がなぜただのヤミ金とは違うと言っているのかというと、従来のような暴力的な取り立ては行わずソフトな対応をすると宣言をしているというところが違うと言っているのです。

 

ただこれは逆に言えば、それ以外はヤミ金とは全く変わらないということになります。法律に則ってきちんと国から許可を得て貸金業務を行なっているわけではない、違法な業者だという事は変わらないのです。いくら柔らかい対応で例えば「返済が遅れそうな時は融通をきかせることもできる」などと説明されても何の保証もありませんし、また金利については違法な高いものとなっていることがほとんどとなります。

 

この金利についても例えば最大20%と決められている金利を超えていないと説明をしてくるところもありますが、よく聞くとこの20%は年利ではなく返済周期が1週間または10日に設定されており非常に高いものとなっていることもよくあるのです。また、何かの処理をするにつけて手数料を要求してくるようなところもあります。

 

こうしたところは他にもあの手この手でなんとかお金を借りてもらおうと借りるまでは優しい話し方や魅力的な話をしてきます。しかしこうしたところでは借りない方が良いのは当然だと言えるでしょう。

 

ではこうした違法な業者とそうでないところを見分けるためにはどうしたら良いかというと、まず最初にやるべきことは貸金業登録番号を確認するということです。この貸金業登録番号とは貸金業をするにあたり法律に基づいて内閣総理大臣または都道府県知事の登録を受けた際に発行される番号となります。もちろんそれっぽく偽物の番号を表示しているような場合もありますので、登録貸金業情報検索入力ページにて番号を入力してきちんと確認することがおすすめです。

 

この番号をもとにきちんと許可を受けた業者ならばひとまずは安心となります。例えばソフトヤミ金でなくても中小の事業者で比較的審査に融通をきかせてくれるようなところもあります。もし審査が通りにくいという状況であるならば、そういった業者を探すのも良い選択肢だと言えるでしょう。ただこういったところは審査は通りやすいのですが在籍確認は必ずと言って良いほど行います。それは過去の状況による審査ではなく、現在の返済能力を重視することが多いからです。

 

ということは在籍確認を回避したい場合は、やはり大手業者で保険証などによる書類の在籍確認を実施しているところを選ぶのが無難だと言えます。例えば大手のカードローン会社などは申請方法によっては電話連絡をしないと宣言しているところもあるのです。ただこうしたところでも申請方法によっては電話確認が行われるので、きちんと内容は精査した方が良いと言えるでしょう。