横浜銀行でお金借りるとき会社電話連絡なしでキャッシングできる?在籍確認の電話なしカードローン

 

横浜銀行カードローン

 

金利 1.9%−14.6%
横浜銀行の借入限度額 10−1000万
ATM利用手数料無料 ※一部ATMを除きます
来店不要でWEB完結
PC、スマホで24時間申し込み可能

 

横浜銀行でお金借りるとき会社電話連絡なしでキャッシングできる?在籍確認の電話なしカードローン

 

横浜銀行を利用してキャッシングしたいという場合に気になるのが在籍確認があるのか、電話連絡をなくすことかできるのかといった点ではないでしょうか。

 

仮に審査が問題なかったとしても職場にバレたくない、電話対応をしたくないと考えている方は少なくありません。

 

そういった連絡なしで横浜銀行でキャッシングできるかは気になる部分です。

 

結論から言いますと横浜銀行のカードローンでは在籍確認をなしにすることはできません。

 

営業日ではない日や土日を利用して申し込んだとしても営業日に在籍確認を取ってからでないと借り入れすることは不可能となっていまして、在籍確認も審査の一つですから全てが終わってから承認されてキャッシングという形になります。

 

ですから素早く利用したいという場合は、あえて土日などを挟まずに平日の午前中などに申し込んだ方が良いでしょう。

 

横浜銀行の在籍確認は正社員、アルバイト、派遣社員、パートなど働いている状態に関わらず行われます。

 

そもそも在籍確認というものは、本当にそこで働いているのか、申告の内容が間違っていないのかを確認するために行なわれて、それをもって収入の証明が正しいかを判断していきますから安定した収入を得られているかどうかの判断の一部となるのです。

 

キャッシングを利用する時に重要になるのが、安定した収入があるかどうかが一番重要であり、申告した内容通りに働いているかどうかを確認しておかなければなりません。

 

正社員の方が確認されると思いがちですが、パートやアルバイトの方が不安定な仕事になりますので、一般的にしっかりとした在籍確認が必要とされています。

 

基本的には勤務先への電話連絡となりますが、派遣社員の場合だと申告した会社が登録している派遣会社にしてあると思いますから登録元に電話がかかってくるでしょう。

 

しかし、多くの方が働いていて把握されていない状況になることもありますので、事前に電話連絡があることを伝えたり、登録元だけではなく現在働いている場所も併記して申し込むことも必要かもしれません。

 

在籍確認をなしにすることはできませんから職場にバレたくない場合は電話をかかってくるタイミングなどを知っておく必要があるでしょう。

 

基本的に向こう側も職場にバレたくないという申込者の気持ちを知っていますので電話連絡の時間の希望を聞いてくれることが多いですし、こちらから希望を事前に言っておくと合わせてくれることが多々あります。

 

ですから希望する日時がハッキリとしているのであれば細かい日時まで伝えておいた方が良いでしょう。

 

在籍確認が行われるタイミングは仮審査が終えて、本審査の最終段階とも言える部分に該当しますので、とても重要と言えます。

 

契約されている内容の確認をするだけなので所要時間は数分程度で内容自体は大したことはありません。

 

本人が出ても他人が出ても確認がされればいいだけですので問題ありませんし、何か聞かれるとしても生年月日などぐらいです。

 

それに要件や銀行名を名乗ることもしませんのでカードローンのキャッシングであることはバレないです。

 

もちろん詮索する人がいたり、疑り深い人がいればバレてしまう可能性はありますが、数分程度の電話で全ての審査が終わる状況ですから、それほど気にするものではありません。

 

もし電話で対応するのが嫌だからといって電話に出ないという方法をとったら最悪の場合は審査に落ちてしまいます。

 

存在していない会社を申し込み内容に記載して提出したと判断されるからであり、勤務先の確認はとても大事なことなのです。

 

仮に長期休暇や特別な事情があって、それを認めてくれた場合に限って違う方法を提示してくれる可能性がありますが、あくまでも特別ですから電話対応による在籍確認が一般的であり、数分程度で終わることです。

 

横浜銀行もある程度の融通を聞いてくれますから電話対応時に個人名で名乗ってくれたり、内容のリクエストも無理のない範囲なら対応してくれます。

 

バレないようにしっかりとしてくれますし、消費者金融ではなく銀行ですので怪しさはあまりないですから万が一銀行と分かったとしても周囲に説明がしやすいです。
カードローンに限らず銀行では色んなサービスをしており、横浜周辺で生活しているのであれば横浜銀行から電話がかかってきても何ら不思議はありません。
大手の銀行は在籍確認なども含めて銀行名を名乗ることが多いですが、先ほども言ったように名前を伏せてもらうこともできます。

 

基本的に在籍確認の電話が来るということは審査がほぼ終わっている状態であり、キャッシングが可能な段階であると言っても問題ないかもしれません。
最後の確認の段階ですから、ここで電話対応をしないというのは損とも言えます.

 

一部の口コミでは名前や住所なども電話で聞かれたというものがありますが、ごく少数です。

 

在籍確認がなかった例も存在しますが、それは信用度が高く安定した収入もほぼ確認が取れている状態の人などになりますから、あくまでも確認はされると思っておいてください。